Fランク大学生のブログ

Fランク学生が真面目なブログを書いてみました。コメントを頂けると、思いもよらぬ反応が返ってくるかも!

宇宙人と戦争をすればいい

 北朝鮮ICBMの発射実験を匂わせ、東アジアの緊張感が高まっております。米ソ冷戦時には互いの軍拡競争が進み、アメリカとソ連の2か国だけで地球を何十回も破壊できる核兵器保有していると言われました。

 実際に使用されなくても国際社会の脅威となり得る核兵器ですが、民主主義国家としての体制が整っていない北朝鮮までもが核兵器保有しているということは、地球レベルで考えても恐ろしい事実だと思います。もちろんアメリカとロシアも相当な量の核兵器保有しており、外交のカードとしても利用されますが、万が一政権が暴走して核のスイッチを押してしまったらと考えるとぞっとします。ポピュリズムが台頭する現代において、核のスイッチが押されるリスクは決して低いものではないと思います。

 この状況を解決するための妙案があります。それは、宇宙人と戦争をすることです。我々と同等かそれ以上の知性を持つ生命体が地球に攻めてくるとすれば、複雑な利害関係を持った大国同士も協力せざるを得ないでしょう。地球外に強力な敵が現れれば、地球の内部で争っている場合ではなくなります。宇宙との戦争で多くの核兵器が使用されれば、それだけ地球は安全になります。各国が核兵器を使い果たしたフラットな状態で核兵器廃止条約を締結すれば、地球から核の脅威がなくなることでしょう。

 ここで言いたかったのは、2つの組織(個人)が争っているときに共通の敵が現れれば、一時的に休戦して味方になれるということです。共通の敵が争っている両者よりも強い場合、お互いが協力できる可能性は高まるでしょう。

 IT化が進みインターネット上で簡単に国境を超えられるようになった現代、地球上の利害関係は複雑化しており、どこかの国が暴走した場合に連鎖的に世界が混乱に陥る恐れがあります。宇宙人と言う共通の外敵を作り、地球内での争いを鎮静化されるとすれば、宇宙人は救世主となるでしょう。最も、宇宙人に地球を侵略するほどの軍事力が備わっていれば話は別ですが……。