Fランク大学生のブログ

Fランク学生が真面目なブログを書いてみました。コメントを頂けると、思いもよらぬ反応が返ってくるかも!

【結果発表】全レース予想企画第2弾

全レース予想企画第2弾の結果を発表します。

 

Fラン学生 単勝的中額  14,000 円(3レース的中)
      単勝回収率   116.7 %
      複勝的中額   9,200 円(5レース的中)
      複勝回収率   76.7 %  
       トータル損益 ▲800 円(回収率96.7%)
  

ランダム  単勝的中額   0 円(的中なし)
      単勝回収率    0%
      複勝的中額            0円(的中なし)
      複勝回収率     0%
      トータル損益 ▲24,000 円(回収率0%)

 

 今回は、自分の予想が単勝で3レースも的中しました。単勝回収率も100%を超えられて嬉しいです。しかし、複勝では5レースを的中させるも、複勝回収率が100%を超えられなかったことは反省点です。複勝率を上げるには、穴っぽい馬を入れなくてはなりません。しかし、穴馬を入れると単勝の的中率が下がるというジレンマにも悩まされます。次回は、単勝回収率を高めつつトータル損益もプラスにしていきたいです。

 もう一つ衝撃だったのが、前回好調だったランダム予想が全く当たらなかったことです。単勝どころか、複勝にもかすりませんでした。やはりトランプでの予想には波があるのでしょう。

 来週はいよいよ有馬記念です。年末の大一番を楽しみに、明日からの一週間を乗り切りましょう。

【全レース予想企画】第2弾

 先週行った企画の第2弾を行います。

       Fラン予想        ランダム

中山1R  1番イベリスリーフ     14番マダムハート

中山2R  15番キュアン         9番タイムアクシス

中山3R  16番ゴールデンチョイス    8番セクシオンドール

中山4R  5番シャンデフレーズ    8番リトルグッド

中山5R  10番サトノフォース      6番ミユキダイアモンド

中山6R  10番カズノマックイーン    13番エスデス

中山7R  5番ホウオウビクトリー   9番アルピナホワイト

中山8R  15番ショーンガウアー     3番ヒロノワカムシャ

中山9R  3番カルリーノ       4番ヘイワノツカイ

中山10R 9番シアーライン      12番デピュティプライム

中山11R 5番フローレスマジック   12番ミエノサクシード

中山12R 5番アルカサル        5番アルカサル

 

今回こそは、ランダムに負けないことを祈ります。また、単複合わせて100%以上回収したいです。

運転免許が簡単に取れすぎ

 現在「東名あおり運転事故」の裁判が世間の関心を集めています。最近、あおり運転をはじめ、自動車にまつわる重大事故が増えているように感じます。ひき逃げや飲酒運転といった悪質なものから、ブレーキとアクセルの踏み間違いや逆走など、いずれも一歩間違えれば重大な事態を引き起こしかねません。

 なぜ自動車事故が増えているか。それは、運転免許が簡単に取れてしまうからです。運転免許を取得するためには学科試験と実技試験が必要ですが、どちらもそれほど難しいものではなく、最短一か月ほどで免許を取得できます。要領の悪い人でも、半年あればほとんどの人が運転免許を取得できるでしょう。

 このような現状は誠に危険だと思います。下手したら人を殺す凶器にもなり得る自動車を、わずか1か月の教習と簡単な試験を受けただけの人間が運転してよいのでしょうか。電車や飛行機の免許を取得するためには、たくさんの時間と努力が必要です。だからこそ、電車や飛行機の重大事故は滅多に発生しないのです。日本において、自動車事故の犠牲になって亡くなられる方は、年間3904人(e-Stat参照)にもなります。一方、飛行機事故で亡くなられた方は、世界中で年間258人(Aviation Safety Network参照)です。これは、航空機自体の性能が進化したのも一つの要因ですが、なんといってもパイロットになるためのハードルが高いからだといえます。もし、飛行機の免許が1か月そこらで取れるものだとしたら、皆さんは飛行機に乗りますか?おそらく100人中99人が乗らないでしょう。医師免許も同じです。大学の医学科時代から合わせて約10年もの歳月が必要になるからこそ、医師免許には価値があり、患者はお医者さんに安心して命を預けられるのです。空の上を飛んでいる飛行機を運転しているのは、99.9%がプロフェッショナルです。しかし、道路上にプロフェッショナルが運転する自動車はいったい何パーセントいるでしょうか。おそらく、環八を見渡したところで、プロ意識を持ったドライバーは数えるほどしかいないでしょう。それどころか、感情をコントロールできない人や、判断力が鈍くなった老人まで自動車を運転しています。これでは、毎日のように事故が起こって当たり前です。

 ちなみに、私は自動車免許を持っていません。それどころか、自転車にも乗りません。主な移動手段は、電車とバスです。他人に危害を加えてしまう恐れのある人は、電車やバスといった公共交通機関に乗りましょう。

 自動車は、飛行機や電車と違って多くの命を預かっているわけではありませんが、家族や友人と言った同乗者の命を預かっています。また、他の車に乗っている人や歩行者など、道路を利用する不特定多数の人の命も預かっているのです。おそらく、自動車が身近なものになりすぎて、命を奪うかもしれない危険な乗り物であることを忘れてしまっているのではないでしょうか。これから車を運転される方がいましたら、この記事を思い出して、気を引き締めて運転してください。

 

 

【衝撃の結果】競馬予想の結果を発表します。

 中山競馬全レース予想企画の結果を発表します。驚愕の結果が出ました。

 

Fラン学生    単勝的中額       0円(的中なし)
       単勝回収率       0%
       複勝的中額            13,800円(4レース的中)
       複勝回収率      115%  
       トータル損益   ▲10,200円(回収率57.5%)

          

 

ランダム  単勝的中額    14,700円(2レース的中)
      単勝回収率              122.5%
      複勝的中額            14,400円(5レース的中)
      複勝回収率      120%
      トータル損益        5,100円(回収率121.25%)

 

 私の予想よりランダムに選ばれた予想の方が単複共に優れている、という驚きの結果が出ました。つまり、私が予想するよりもトランプを引いて馬券を買った方がましだということです。それどころか、私のトータル損益がマイナスなのに対し、ランダムのトータル損益はプラスになっています。それにしても、回収率120%超えは驚異的です。この回収率が続くようなら、ランダムに数字を選んで馬券を買おうかと本気で思います。来週も、この企画を行ってみようかと思います。次はランダムに勝てるよう頑張りたいです。
      
           

土曜の中山12レースをすべて予想してみた

 今回の記事では、今月8日に中山競馬場で行われる12レースをすべて予想します。各レースの本命を1頭予想し、その馬を単複1000円ずつ購入します。そして、単勝回収率と複勝回収率をそれぞれ求めます。比較として、トランプを引いてランダムに馬番を選び、その馬も単複1000円ずつ購入して単勝回収率と複勝回収率を求めます。

 

       Fラン予想           ランダム 

中山1R  2番フレッシュスマイル      7番ステイホット

中山2R  7番レトロフィット        3番セイヴァリアント

中山3R  9番ロードリッチ         1番トーセンジンライム

中山4R  3番ワイルドオーキッド      10番ガロシェ

中山5R  5番テミス            9番テイエムワンダー

中山6R  16番ブラックアウト         6番ベイオブコトル

中山7R  6番ワシントンテソーロ      11番ロダルキラー

中山8R  13番グッドラックサマー      10番ジェイケイライアン

中山9R  4番ホウオウパフューム      8番クレッシェンドラヴ

中山10R 8番ワイドリーザワン       15番メイショウツレヅレ

中山11R 13番クインズサターン      7番タガノディグオ

中山12R 13番アーザムブルー                       13番アーザムブルー

 

 予想は以上のようになりました。どちらかの予想に乗っても構いませんがおすすめしません。私も、明日は買いません。ランダム予想も、意外と上位人気が入っている印象なので、もしかしたら私の回収値がランダムの回収値を下回るかもしれません。そうなったら、今後トランプを引いて出た番号の馬券を買うことにします(笑)

 それでは皆さん、よい週末をお過ごしください。

卓球が強い中国と、野球が強い日本の国民性の違い

 卓球王国と言えば、何と言っても中国でしょう。男子シングルスでは、過去6大会で5個の金メダル、女子シングルスに至っては、8大会連続で金メダルを獲得しています。近年では日本のレベルも向上していますが、中国にはまだまだ及びません。

 中国は、リオオリンピックでアメリカに次いで2番目にメダルを獲得するほどのスポーツ大国です。しかし、中国が強い競技にはある共通点があります。それは、バドミントンや飛び込みといった個人競技が多いことです。中国人は個人主義的な考えが強く、チームのために犠牲になろうという精神が乏しいように思います。

 一方、日本は野球のレベルが世界トップクラスです。2020年の東京オリンピックでは野球が復活するので、侍ジャパンの金メダル獲得を期待しています。日本人には、和を大事にする文化がありますが、それがチーム競技に良い影響をもたらしているのでしょう。プロ野球のヒーローインタビューを聞くと、チームのために頑張りました、次につなぐつもりで打ちました、など全体主義的な発言が目立ちます。また、個人競技においても、コーチが支えてくれた、日本のために頑張った、など周りを意識した発言が多く、目立とうとする選手はあまりいません。

 今回は、日本人と中国人の国民性を、スポーツという観点から考えてみました。2020年には東京、2022年には北京と、アジアでオリンピックが続きます。金メダルを取った選手の発言から、国民性を考えてみるのも面白いかもしれません。

【チャンピオンズカップ】陽はまた昇る

 先週のジャパンカップの件、誠に申し訳ありません。アーモンドアイは間違いなく怪物牝馬です。今後の活躍に期待したいと思います。

 さて、気を取り直してチャンピオンズカップの予想に入ろうと思います。チャンピオンズカップは荒れやすいレースなので、穴党である私にとって腕の見せ所です。

 まず、本命はサンライズソアです。先攻有利なチャンピオンズカップにおいて、確実に前に行けそうなこの馬を本命に推します。鞍上がルメールからモレイラに乗り替わったのは、むしろプラス材料かもしれない。モレイラは、今年のエリザベス女王杯テン乗りリスグラシューで制している。このメンバーにおいても、馬券に絡むことは間違いないと思う。

 対抗は、ルヴァンスレーヴです。この馬はJDDと南武杯で古馬に土をつけており、今回も素晴らしい走りをしてくれると思います。しかし、なぜ本命ではないかと言うと、鞍上が不安だからです。ルヴァンスレーヴに騎乗するM・デムーロ騎手は、今年の秋競馬でJRAのG1をひとつも勝てていません。もちろん、ルヴァンスレーヴとミルコのコンビで地方G1を2連勝していますが、今回の舞台では惜しいところまで追いつめて2着が関の山だと思います。

 穴は、8枠の2頭。ヒラボクラターシュは、レパードSの時に4万馬券をゲットさせてくれた馬なので、感謝の気持ちを込めて取り上げました。ダートでもレベルが高い3歳馬の活躍に期待です。 もう一頭のインカンテーションは、8歳馬になって安定感を見せているように感じます。ほとんど注目されないときに好走するので、人気が落ちている今回はねらい目かもしれません。

 馬券は、サンライズソアを頭に固定し、ルヴァンスレーヴ、ヒラボクラターシュ、インカンテーションケイティブレイブノンコノユメに流した馬単を各1000円ずつ。ルヴァンスレーヴを軸に、ヒラボクラターシュ、インカンテーションノンコノユメに流した馬連を各1000円にします。

 チャンピオンズカップは先行有利と書きましたが、実は毎年のように追い込み馬も上位に食い込んでいます。もしかしたら、ノンコノユメの春秋ダートG1制覇もあり得るかもしれません。しかし、そこまで考えると買いすぎになってしまうので、ひも穴にとどめました。