Fランク大学生のブログ

Fランク学生が真面目なブログを書いてみました。コメントを頂けると、思いもよらぬ反応が返ってくるかも!

【私が自転車競技を愛する理由】 1.複雑なゲーム性

 いよいよ本日ブエルタ・ア・エスパーニャが開幕します。時差の関係で夜中の放送になるので、自転車ファンは3週間寝不足に悩まされることでしょう。今年のブエルタにはバーレーンメリダの新城選手が出場するので、大舞台での活躍を期待します。

 ここで、私がなぜ自転車競技を好きになったのかを、数回にわたって紹介します。

 私がロードレースにはまった一番の理由は、高度な戦略による各チームの駆け引きが面白い点です。自転車レースを個人戦と思っている人も多いようですが、ツール・ド・フランスブエルタ・ア・エスパーニャといった有名なレースは、8人でチームを組んで出場します。その中で活躍するのは、チームの中で選ばれたエースと呼ばれる選手で、エースは各チームの状況や狙いによって1~3人選ばれ、他の選手は献身的にエースをサポートします。

 ここから、各チームの狙いについて説明していきます。そもそも、ツール・ド・フランスのような有名なレースは、2~3週間にわたって行われます。その中で様々な賞が設定され、どの賞を狙うかは選手やチームによって異なります。ここでは、主な賞について説明します。

 

総合優勝

 先ほども述べたように、主な自転車レースは2~3週間、21ステージにかけて行われます。21日間のタイムを合計したものが1番短かった選手が、総合優勝の座に輝きます。総合優勝は、最も栄誉ある賞だといえます。

 

ポイント賞

 各ステージで獲得したポイントの合計が1番大きい選手が、ポイント賞の座に輝きます。中間地点とゴール地点にポイントが設定されており、それぞれ通過した順位に応じてポイントを獲得できます。主に平坦ステージを得意とするスプリンターがポイント賞を狙います。

 

山岳賞

 ポイント賞と同様に、各ステージで獲得した山岳ポイントの合計が1番大きい選手が山岳賞に輝きます。山岳ポイントは山頂地点の通過順位に応じて獲得することができ、得られるポイントは登坂距離の長さや勾配によって異なります。主に山登りが得意なクライマーが山岳賞を狙います。

 

 上記以外にも、25歳以下の選手のうち最も総合タイムが短かった選手に贈られる新人賞や、印象的な活躍を見せた人に贈られる敢闘賞など、レースによってさまざまな賞が設定されます。

 先ほども説明したように、上記のどの賞を狙うかはチームによって異なります。

 総合優勝を狙うチームは、各ステージの合計タイムで競うので、どのステージにおいても大きく遅れないことを目指します。アシストと呼ばれる選手がエースの風よけとなったり、ライバルの仕掛けを封じることによって、エースが遅れないよう献身的に働きます。

 ポイント賞を狙うチームは、平坦ステージで1位になることを目指すので、レース終盤ではアシストの選手がトレインと呼ばれる隊列を組み、最後の数百メートル地点までエースを送りとどけます。トレインを組むことによって、エーススプリンターが余力を残した状態で最後のスプリントに臨むことができます。アシストの選手が位置取り良くトレインを組むことで、スプリンターが走りやすくなります。

 山岳賞を狙うチームは、アップダウンの多い山岳ステージで、ステージ途中に数か所設定されている山頂地点にトップで到達することを目指します。そのために、レース序盤からアシストの選手が逃げのきっかけを作り、クライマーが逃げられる体制を整えます。

 

 このように、各選手によって狙っている賞が異なり、アシストする選手の役割も異なります。各チームの思惑が交錯し、レースが動いていく面白さを楽しめるのが自転車レースの醍醐味だと思います。初心者の方がいきなりレース動画を見ても理解できないかもしれませんが、ロードレースには様々な賞が存在すること、すべての選手が1番にゴールすることを目指しているわけではないことを頭に入れると、レースを楽しめると思います。

 次回は、レース展開について説明していきたいと思います。

アイドル 白石麻衣

 多忙のためしばらくの間ブログの更新をストップしていましたが、時間に余裕ができたため再開します。(また更新を停止するかもしれませんが……)

 

 さっそく本題ですが、タイトルは誤植ではありません。

 えっ、おニャン子クラブの会員番号は22番は白石麻子じゃないかって?

 確かに、「恋はクエスチョン」や「NO MORE 恋愛ごっこ」など数多くの楽曲でフロントボーカルを務め、明るいキャラクターで人気を集めたのは白石麻子さんです。

 しかし、”白石麻衣”さんも実在します。乃木坂46というアイドルグループに所属しており、グループ内で中心的な役割を担っているそうです。乃木坂46というアイドルグループ自体も、80年代のおニャン子クラブに引けを取らないほどの人気を誇っているみたいです。

 それでは、1文字違いであるお二人の共通点を探ってみましょう。

 

① 所属するアイドルグループのプロデューサーが秋元康

 白石麻子さんが所属していたおニャン子クラブと、白石麻衣さんが所属する乃木坂46のプロデューサーはどちらも秋元康です。秋元氏が放送作家として夕やけニャンニャンに携わっていたことは有名ですが、おニャン子クラブ解散から四半世紀が経った2011年にデビューした乃木坂46のプロデューサーでもあったのですから驚きです。しかも、現在でも作曲活動を続けているみたいです。さらに、乃木坂46おニャン子クラブ同様、日本武道館でのライブを成功させました。  

② 化粧品のCMに出演

 白石麻子さんは、2012年にマツモトキヨシの化粧水のCMに出演し、42歳とは思えない若々しさを披露しました。一方の白石麻衣さんも、資生堂のファンデーションのCMに出演しています。アイドルが化粧品のイメージキャラクターを務めることは多いのかもしれません。しかし、近い時期に2人共化粧品のCMに出演するというのは、何か縁のようなものがあるのかもしれません。

 

 そもそも、白石麻衣さんの存在に気づいたきっかけは、ヤフーニュースで名前を見かけたことです。最初は誤植かと思いましたが、調べていくうちに白石麻衣さんの方も活躍されている方だということが分かりました。ちなみに、白石麻衣さんは白石麻子さんの娘というわけではないようです。

 もしかしたら、白石麻衣さんを知っているが白石麻子さんのことは知らない、という人もいるかもしれませんね。それにしても、乃木坂という地名のチョイスは面白いと思います。赤坂でも表参道でもないとは。(赤坂と表参道は、千代田線乃木坂駅の両隣)

 乃木坂46も、おニャン子クラブを超えるアイドルグループとなれるよう活躍してほしいものです。秋元さんもまだまだ現役で頑張ってください。私が再びアイドルの親衛隊(ファン)になるかもしれません……。

「少子高齢化を改善するには」

 少子高齢化が進行しているというニュースをよく耳にします。実際、総務省国勢調査によると、2006年を境に日本の人口が減少に転じているそうです。少子高齢化対策が急務だと言われており、就活におけるグループワークのテーマになることもあります。そこで、就活のテーマで「少子高齢化を改善するには」というテーマが出た時の対策として、私なりの考えを書きます。

 

 まず、少子化と高齢化に分けて考えてみましょう。高齢化の要因は平均寿命が延びていることです。平均寿命が延びている理由は、医療が発達したことであり、これは歓迎されることです。もちろん高齢者に対する社会福祉などの問題はありますが、高齢化自体は改善することではありません。

 問題は少子化です。少子化が進行すると、国内の人口が減少し、経済成長が低下することが考えられます。少子化を改善することにピントを合わせて考えてみましょう。

「子供を産んだ人に補助金を出す」「保育園を増やし待機児童をなくす」「育児休暇の日数を増やす」

 これらは、少子化に対する意見として始めの方に出てくる意見です。しかし、それらは表面的な対策にしかなりません。ここで視点を変えてみます。

「なぜ子育てする人に対する補助金が少ないのか?」「なぜ保育園が少ないのか?」「なぜ育児休暇が少ないのか?」

 先ほどの浅い解決策もどきを疑問形に直してみました。答えは簡単で、政府や自治体が少子化の改善に力を入れていないからです。それでは、なぜ政府や自治体は少子化の改善に力を入れないのでしょうか。それは、高齢者に向けたマニュフェストを掲げた方が選挙に受かるからです。少子高齢化の進行により、子育て世代より高齢者世代の方が票を持っているため、高齢者に向けて訴えかけた方が票を集められるのです。

 私が提案する改善案は、若者の選挙への投票を促すことです。若者の投票率が上がれば、少子化対策を掲げる政治家が増えると思います。若者に目を向ける政治家が増えれば、補助金が増え、保育園が充実し、子育てのしやすい社会が実現することでしょう。

 ここで、もう一歩踏み込んでみます。20代と30代の投票に1.5を掛け、世代間における格差を是正する、という提案です。もちろん、この案は極端かもしれません。しかし、グループディスカッションの案で出す分には構わないでしょう。この意見が採用されなくても、議論が活性化すれば儲けものです。

 グループディスカッションでは、安易な解決策を出すのではなく一歩踏み込んで本質に迫ってみましょう。

【高校野球】登板過多問題の解決策について

 岩手県大会の決勝で、佐々木朗希投手を投げさせずに敗退した大船渡高校の監督に賛否両論の声が上がっています。もし佐々木投手を登板させていたら優勝していたのかは誰にも分かりませんが、個人的には短いイニングでもいいから投げてほしかったと思います。佐々木投手には、同じ岩手県出身の大谷翔平選手を超える投手として、プロの世界で活躍してくれることを期待しましょう。

 さて、方々で議論されている球数制限問題についてですが、個人的には部分的に賛成です。部分的に、というのは地方大会の準決勝あたりから採用するのが理想だと考えます。地方大会の初戦から球数制限を適用してしまうと、投手が1人しかいないチームでは投げる投手がいなくなってしまい、試合が成立しなくなります。地方大会には9人や10人で登録し、ベンチをフルに埋められないチームも数多く出場しています。出場のハードルを上げるべきではありません。地方大会でも、準決勝まで進めば投手を複数揃えたレベルの高いチームが勝ち残っていることでしょう。投げすぎが問題になるのは勝ち残って試合を重ねた投手になると思うので、準決勝から球数制限を導入すればいいでしょう。

 ここで原点に戻って、登板過多について根本的な解決策を提示します。それは、地方大会に参加する高校数に応じて全国大会の切符を案分する方式です。参加校50校未満の都道府県は1校、51から100校なら2校、100校を超える場合は3校を代表にします。25校が参加する鳥取県からは1校、97校が参加する広島県からは2校、188校が参加する愛知県からは3校を代表に選ぶといった具合です。甲子園の枠が1校から2校に増えれば、勝ち進むまでに要する試合数は1試合減ります。愛知代表の誉高校は勝ち上がりまでに8試合要しましたが、これが1試合減ったら大きいと思います。加えて、地方による格差も減らせると思います。25校しかない鳥取県と188校もある愛知県で、全国大会の枠がどちらも1つなのはどう考えても不平等だと思います。それを解消する意味でも、甲子園の切符を参加校で案分するのが良いのではないかと思います。

交通事故 判決まで報道しろ!!

 大津市での園児死傷事故や、池袋の高齢ドライバーによる母子死傷事故など、人命に関わる重大な交通事故が立て続けに報道されました。交通事故の原因としては、飲酒運転や認知機能が低下した高齢者による運転など様々な要因が挙げられますが、これらの事故はどうして繰り返されるのでしょうか?

 交通事故が繰り返される背景には、マスコミの報道姿勢に問題があると思います。重大な交通事故が発生すると、マスコミは事故の起こった背景や、被害者と加害者の経歴などについて大々的に報道します。この報道自体は、交通事故の注意喚起にもつながるため、関係者の人権を侵害しない限り問題ありません。しかし、多くのマスコミは交通事故の発生を防ぐための重要な役割を忘れています。それは、交通事故裁判の判決が出た際の報道です。これは交通事故に限ったことではありませんが、ほとんどの事件や事故では第一報だけが大々的に報じられ、その後の判決についてはあまり報道されません。重大な交通事故になると判決が出るまで長い時間を要するため、刑罰が確定する頃には世間から事故の詳細など忘れ去られているでしょう。事故が繰り返されるのを防ぐためには、人命に関わる事故を起こすと生涯に渡って重い十字架が課されることを周知させ、自動車の危険性と事の大きさを改めて認識させることが効果的だと思います。いくら交通事故による罰則が厳罰化されたところで、認知されていなければ抑止力になりません。重大な事故を最後まで報道することが、マスコミの大きな役目だと思います。

【ジロ・デ・イタリア】無表情なガビリアに見るスポーツマンシップ

日本の初山翔(NIPPO)がスタート直後から単独で144㎞逃げた第3ステージ。

初日のTTでタイムオーバーとなってしまったチームメイト、西村大輝(NIPPO)の想いも背負って走ったことでしょう。初山の100キロを超える単独エスケープに、一人の日本人ファンとして賛辞を送りたいと思います。

ステージ優勝を狙うのは、第2ステージで優勝したアッカーマン(ボーラ・ハンスグローエ)をはじめ、イタリアチャンピオンジャージのヴィヴィアーニ(ドゥクーニンク・クイックステップ)やガビリア(UAEエミレーツ)、デマール(グルパマFDJ)といった名だたるスプリンターの面々。残り250m地点で加速したアッカーマンをヴィヴィアーニが後ろから交わし、先頭でゴールを駆け抜ける。しかし、レース後コミッセールの映像判定により、モスケッティ(トレック・セガフレード)の走路を妨害する斜行をしたと判断され、集団最後尾へ降着となった。この判定は微妙なところで、たしかにモスケッティの走路をふさぐ形にはなったが、「わざと斜行したわけではない」とガビリも言っているように故意には思えないし、スプリント勝負においてあの程度の斜行はよく見られることである。やはり、降着の判断は厳しすぎると思う。

繰り上がりでステージ優勝を手に入れたガビリアだが、表彰式での表情は硬く、手を上げることもなかった。レース後に行われたインタビューでも「僕が望んだ勝ち方ではなかった。勝者はヴィヴィアーニ」といった内容の発言をしている。棚ぼたのように転がり込んできた勝利に対して喜びを爆発させることはなく、ライバルの正当性を認めるところにガビリアのスポーツマンシップと男らしさを感じる。サイクルロードレースは紳士のスポーツであると言われるが、優勝後のガビリアの態度からその側面を確かめることができた。

「天空の蜂」に見る東野圭吾のすごさ

 少し前の話になりますが、東野圭吾原作の「天空の蜂」が映画化されました。「マスカレード・ホテル」や「容疑者xの献身」など数多くの東野圭吾作品が映画化されていますし、福山雅治主演でドラマ化された「探偵ガリレオ」シリーズも、原作は東野圭吾です。本を出せば映像化される東野圭吾において、映画化されるのは珍しい話ではありませんが、「天空の蜂」だけは話が違います。「天空の蜂」は文庫版で632ページを超える長編のであることに加え、原子力発電に関係する専門用語満載で、素人には非常に理解しづらい内容です。また、この作品の初版本が出版されたのは1995年のことですが、東野さんはすでに有名になっていたにも関わらずこの作品はあまり話題になりませんでした。

2011年3月、東日本大震災による原発事故が発生しました。この事故をきっかけに、人々が原発の恐ろしさを認識し、原発安全神話は崩壊しました。東野さんは原発の危険性を題材にした作品を1995年時点で発表していたのですから、すごいとしか言いようがありません。

私は、この作品を震災が発生する少し前に読んでいました。その時の感想は、長いうえに専門用語が多く東野作品の中では面白くない、という安直なものでした。震災の後になって、ようやく作品の本当の意味が理解できた気がします。

話題の最新作だけでなく、20年前の作品までもが再評価される東野作品は、まさに芸術と言っても過言ではないでしょう。