Fランク大学生のブログ

Fランク学生が真面目なブログを書いてみました。コメントを頂けると、思いもよらぬ反応が返ってくるかも!

宇宙人と戦争をすればいい

北朝鮮がICBMの発射実験を匂わせ、東アジアの緊張感が高まっております。米ソ冷戦時には互いの軍拡競争が進み、アメリカとソ連の2か国だけで地球を何十回も破壊できる核兵器を保有していると言われました。 実際に使用されなくても国際社会の脅威となり得る…

新聞VSネットニュース

近年若者の新聞離れが進んでいると言われており、私の周りでも新聞を読んでいる学生は少数派のように思います。一方、ニュースなんてネットで見ることができるのだから、わざわざ金を払って新聞を取る必要はないという意見もあります。新聞とネットについて…

出来ないことをやるから面白い!

「私には無理だ」 この言葉、今この瞬間から言うの禁止。とはいっても、自分の能力ではできないこともあるじゃないか。そう思われた方も多いと思います。なんでこの言葉を言わない方がいいのか。それは、無理だと言った瞬間、この言葉が現実になってしまうか…

日本シリーズに強いソフトバンク

現在、日本シリーズ第3戦が東京ドームで繰り広げられています。まだ2戦を終えた段階ですが、おそらく今年もソフトバンクが日本一に輝くでしょう。ここ数年、パリーグのCSファイナルステージが実質日本シリーズとなっているように感じます。特に、ソフトバン…

【オセロ】まさかの全日本選手権出場!?

消費税10%が迫った9月29日。南流山で行われた東関東ブロック予選というオセロの大会に出場しました。この大会は、全日本選手権というオセロのメジャー大会(競輪のG1大会のような位置づけ)に参加するための予選という位置づけとなっています。そのため、普…

ジョンソンへのこだわり、赤松のセレモニー

2015年10月7日、マツダスタジアムで行われた広島ー中日戦に敗れCS出場を逃した。3位阪神にわずか0.5ゲームだけ及ばなかった。 時は流れて2019年9月27日。マツダスタジアムで行われた広島ー中日戦に敗れ自力でのCS進出を逃した。4年前と違うのは、まだCS進出…

基地は択捉に!!

1972年5月、沖縄が日本に返還されました。しかし、米軍基地は今でも残っており、現在でも県面積の約1割を米軍基地が占めているという現状です。沖縄県民は、訓練による騒音や米兵による犯罪行為に悩まされています。もちろん、基地のおかげで経済が成り立っ…

【広島カープ】何を考えているのか首脳陣

21日の阪神戦に逆転負けを喫し、ついに貯金が底をつきました。さらに、4位中日に1.5ゲーム差と迫られ、本拠地開催どころかCS進出さえも危うい状況となっています。 本日の試合は幸運なことに中止となり、27日に延期されることとなりました。しかし、驚くべき…

【広島カープ】このままでCSを戦えるわけがない!!

私は今、怒りを込めて記事を書いている。今日の試合を見て怒りが湧かなければ、本当のファンではない。 思い出したくもないが、試合を振り返ると、カープは5回までに7点を奪い、相手エースの今永をマウンドからひきずり降ろす。一方、先発の床田は5回まで4安…

CSファーストステージをマツダスタジアムでやるべき理由

昨日の記事で、2位になるためには勝つべき試合をしっかり勝つことが大事出ると述べました。一方、3位になってCSを横浜スタジアムでやった方が、東京ドームに近いため長距離移動を必要とせず、コンディションを整えられるから好ましいという意見もあります。…

CSはもう始まっている!

危なかったぁ……フランスアしっかり抑えてくれよ。 広島カープ対読売ジャイアンツ最終戦(25回戦)。延長10回を戦って6-5でカープの勝ち。文字に起こしてみると、「延長戦にもつれたのか」くらいにしか感じないと思いますが、試合の中身は壮絶な内容でした。 …

【広島カープ】残り8試合の戦い方

おかえり堂林!最高でーす! 久しぶりに広島カープの記事を書きます。思えば、前回広島カープの記事を載せたのは開幕直後ですから、実に半年ぶりとなります。この間、1位から最下位までジェットコースターのように目まぐるしく順位が変動してきましたが、シ…

【私が自転車競技を愛する理由】 7.環境にやさしい乗り物

前回まで、レースの展開やチームについてお話ししました。今回は、自転車と言う乗り物自体についてお話ししようと思います。 自転車は、自動車やバイクと違い燃料を消費しないため、環境にやさしい乗り物だということができます。しかし、日本国内の道路は自…

【私が自転車競技を愛する理由】 6.スポンサー

ロードレース大会に出場するためには、宿泊費や人件費、機材費など多額のお金が必要です。1年間ワールドチームを運営するためにかかる費用は、10億円以上と言われてています。それらすべてをレースの賞金で賄えるわけではないので、資金を提供してくれるスポ…

【私が自転車競技を愛する理由】 5.ダブルエース、トリプルエース

ツール・ド・フランスをはじめとする自転車レースにおいて、総合優勝を狙うチームは1人のエースを勝たせるためにほかのメンバーが頑張る、という話を前回までにしました。総合優勝を狙う選手のほかに、ポイント賞を狙うスプリンターや山岳賞を狙うクライマー…

【私が自転車競技を愛する理由】 4.TT(タイムトライアル)

これまでに紹介した平坦コースと山岳コースは、全チーム一斉にスタートします。しかし、TT(タイムトライアル)では一斉にスタートしません。TTには、時間を空けて一人ずつスタートする個人TTと、チームごとにスタートするチームTTがあります。 個人TTは、数…

【私が自転車競技を愛する理由】 3.山岳コース

前回は主に平坦ステージでのレース展開について説明しましたが、今回は山岳ステージについて説明します。 山岳ステージでは、当然ながら登坂力のあるクライマーが活躍します。ステージにいくつか設けられている山頂では、勾配の厳しさなどにより4級山岳~超…

【私が自転車競技を愛する理由】 2.平坦コース

前回の記事ではポイント賞や山岳賞について解説し、選手によって狙ってる賞が違うことを説明しました。今回は、レース展開について解説します。 約3週間にわたって行われるレースでは、1日に約200㎞前後の距離を走ります(タイムトライアルを除く)。レース…

【私が自転車競技を愛する理由】 1.複雑なゲーム性

いよいよ本日ブエルタ・ア・エスパーニャが開幕します。時差の関係で夜中の放送になるので、自転車ファンは3週間寝不足に悩まされることでしょう。今年のブエルタにはバーレーンメリダの新城選手が出場するので、大舞台での活躍を期待します。 ここで、私が…

アイドル 白石麻衣

多忙のためしばらくの間ブログの更新をストップしていましたが、時間に余裕ができたため再開します。(また更新を停止するかもしれませんが……) さっそく本題ですが、タイトルは誤植ではありません。 えっ、おニャン子クラブの会員番号は22番は白石麻子じゃ…

「少子高齢化を改善するには」

少子高齢化が進行しているというニュースをよく耳にします。実際、総務省の国勢調査によると、2006年を境に日本の人口が減少に転じているそうです。少子高齢化対策が急務だと言われており、就活におけるグループワークのテーマになることもあります。そこで…

【高校野球】登板過多問題の解決策について

岩手県大会の決勝で、佐々木朗希投手を投げさせずに敗退した大船渡高校の監督に賛否両論の声が上がっています。もし佐々木投手を登板させていたら優勝していたのかは誰にも分かりませんが、個人的には短いイニングでもいいから投げてほしかったと思います。…

交通事故 判決まで報道しろ!!

大津市での園児死傷事故や、池袋の高齢ドライバーによる母子死傷事故など、人命に関わる重大な交通事故が立て続けに報道されました。交通事故の原因としては、飲酒運転や認知機能が低下した高齢者による運転など様々な要因が挙げられますが、これらの事故は…

【ジロ・デ・イタリア】無表情なガビリアに見るスポーツマンシップ

日本の初山翔(NIPPO)がスタート直後から単独で144㎞逃げた第3ステージ。 初日のTTでタイムオーバーとなってしまったチームメイト、西村大輝(NIPPO)の想いも背負って走ったことでしょう。初山の100キロを超える単独エスケープに、一人の日本人ファンとし…

「天空の蜂」に見る東野圭吾のすごさ

少し前の話になりますが、東野圭吾原作の「天空の蜂」が映画化されました。「マスカレード・ホテル」や「容疑者xの献身」など数多くの東野圭吾作品が映画化されていますし、福山雅治主演でドラマ化された「探偵ガリレオ」シリーズも、原作は東野圭吾です。本…

久々に更新しました!!

最近、忙しいのと気分が落ち込んでいることが原因で、ブログを更新できていませんでした。今回は、オセロの成績とメンタルの関係について書きます。 私は、オセロはメンタルの勝負だと思っています。自分の持ち時間20分と相手の持ち時間20分、合わせて40分間…

【まさかの展開!】開幕3連戦でまさかの連敗。どうしたカープ!?

広島カープ、リーグ4連覇を目指すペナントレースがついに開幕!!今年は、マツダスタジアムで巨人との3連戦からペナントが幕を開けました。 いきなり結果から書きますが、得意の巨人相手にまさかの負け越しを食らってしまいました。開幕戦は、大瀬良が菅野…

小説を推敲しました。

以前26回にわたって連載した「終われない青春」の文章を推敲し、前・中・後編に分けて再投稿しました。 昔の連載を読まれた方も、ぜひ推敲しなおした文章を読んでみてください。

終われない青春 後編

21 夕陽が今にも沈みかけようとしている神宮球場。外野席の観客はまばらだった。シーズン終盤、優勝争いから脱落したチーム同士のナイターとなれば、球場内は閑散としていて当然である。タクトとサユリは、ガラガラの外野自由席に座って、気の抜けた消化試合…

終われない青春 中編

11 9月最初の日曜日。サユリは、高校時代の友人と共に母校の文化祭に来ていた。卒業してから半年しか経っていないというのに、母校の校舎が懐かしいと感じた。お化け屋敷や縁日をひと通り楽しんだあと、友人と別れて書道部の個展に立ち寄った。 「古葉先輩、…